生活クラブはやばい?怖い?生協利用者が調査した結果、誤解だった!

暮らし
記事内に広告が含まれている場合があります。

近頃、健康志向の人たちの間で人気が出てきた生活クラブ。
減農薬野菜や冷凍食品、総菜から日用品まで宅配してくれる生協です。

検索してみると、
「やばい」「怖い」「宗教っぽい」という声があって気になりますよね。筆者は生活クラブ利用歴約2年ですが、そんな悪い噂を聞いた事がなく普通の生協だと思っていました。
「生活クラブに入会したいけど、悪い噂は本当なの?」という疑問にお答えして調べてみました。

生活クラブが「やばい」「怖い」「宗教っぽい」と言われる理由を利用者である筆者が調査した結果、そんな事実はないことが分かりました。そのすべてをまとめたので一つずつ紹介していきます。

↓資料請求すると、おいしいお試し食材のプレゼントが届きます↓

生活クラブがやばいと言われる理由

宗教のように見られる
・勧誘がしつこい
・出資金制度がある
・イベントが多い

宗教のように見られる

生活クラブは、食の安全やこだわりが強い方が多くいるためか、良い物を勧める圧が強く、宗教を疑われることもあるようです。安全な食品を選んでほしいという気持ちが押しつけに思わているのでしょう。

筆者は過去に、食品添加物の危険性を煽る情報にのまれて、「添加物は悪だ」「無添加の食品しか食べたくない」と思い込んでしまった時期がありました。

さやまる
さやまる

ちょっとぐらい添加物を食べても死にゃあせん!

と現在は思えるようになりましたが、皆に安全な食品・日用品を使って欲しいと宗教みたいに押し付けてしまう気持ちは共感できます。ただ宅配してもらうだけなら、特に会話をする必要がないので、他の生協と変わらず普通に届けてもらえますし、宗教との関わりはありません。

勧誘がしつこい

熱が入っているスタッフの方も少数ながらいるのは事実です
食材を試してほしいという熱い思いがしつこさを生み出しているのでしょう。

筆者は公園にいる時に勧誘されました。
みかんジュースの試食をしましたが、想像以上に甘くて「え?」とビックリしたのを覚えています。
どの品物も美味しいため、勧誘に熱が入るのは仕方のないことなのでしょう。

「本日入会をすると、食材プレゼントもたくさんご用意しています!」とオススメもされましたが、「一旦持ち帰って検討します」と伝えると、それ以上の勧誘はされませんでした。

生活クラブを利用していても、紹介者プレゼントのチラシがほぼ毎回入っているので勧誘がしつこいと思われるかもしれません。紹介するかどうかは自身で決められますし、利用者が増えると商品価格が安くなるなどのメリットも生まれるかもしれません。

出資金制度がある

生活クラブには出資金というものがあり、健全な運営のために預け、脱退の際には全額返金されるしくみです。加入時に1000円、毎月1000円引き落とされるようになっています。
東京など地域によっては、情報誌の購読料もかかるようです。

さやまる
さやまる

筆者が利用している大阪では、手数料は毎月1000円の積み立てのみです。
未就学の子どもがいる家庭は1年間配達料無料になります。

Q.脱退した場合、出資金は返してもらえますか?
 お預かりした出資金は全額お返します。ただし、生活クラブ生協大阪の業務区域内での脱退については、定款第10条の自由脱退となります。自由脱退の場合は、事業年度(3/20)の末日の90日前(12/20)までに脱退届を受付、返還は4月15日(金融機関が休日の場合は翌日もしくは、翌々日)となります。
業務区域外への転居で、脱退される場合は法定脱退となり、脱退届を提出されてから、約2ヶ月後に出資金全額を返還します。

生活クラブ大阪

イベントが多い

試食会や生産者との交流会など、参加自由のイベントのお知らせのチラシが入っていることがあります。そういう集まりで何か宗教に勧誘されるのではないかと、噂になっているのではないでしょうか。

実際にイベントに参加した方の声は、

購入する前に味見できるのがありがたい!

クリスマスのケーキや丸鶏を食べれて幸せでした

生活クラブでは、宗教などの勧誘はありませんので安心してください。
子連れOKのイベントが多いので、食の関心を高めるためにも一緒に行くのも良いでしょう。
絶対参加ではないので、行きたくない方は無理に行く必要はありません。
しかし、出資金からイベント開催費用が出ているので、行かないと損かもしれません

生活クラブを利用するメリット

食品添加物は国の基準より厳しいからどれを選んでも安心

毎日食べるものだから、食の安全に興味がある方には生活クラブは最適です。
日本で認められている食品添加物は834品目。生活クラブが許容しているのは、そのうち93品目と約10分の1です。
毎週届くカタログには、その食品の原材料がすべて記載されているので、何が入っているかが一目で分かります。

生活クラブは、添加物や農薬などの独自の検査基準を持っていて、それにクリアした物しか取り扱わないシステムになっています。ですので、カタログに載っている品物はどれを選んでも安心ということになります。

生産者・生産地がはっきりと分かっている

生活クラブでは、可能なかぎり国内産素材を使うことを理念としていて、産地や漁港まできちんと記載されています。生産者さんの紹介コーナーもあり、すごく身近に感じられたりありがたみが増していきます。

スーパーで買うと、どこで出来たのかはっきり書かれていない物が多いですよね。毎日からだに取り入れるならどこで出来たのか、誰が作ったのかを知りたい。そこをはっきり示してくれているのは良いポイントになります。

宅配してもらえて、手間が省ける

スーパーに行って、店内を歩き回ってお目当ての物を探すのは時間も労力もかかります。子連れだとなおさら余計な出費や手間もかかります。
生活クラブの注文方法は一般的な生協と一緒で、注文用紙かネット注文すると、翌週の決まった日時に配達してくれます
暑い時期や真冬に買い物に行くのは億劫だという方は、宅配の便利さを一度体感してみてください。

生活クラブに向いているのはこんな人

生活クラブの他にもたくさんの宅配サービスがあって選べない、という方に向けて
生活クラブに向いている人を簡単にご紹介します。

・安心・安全な食品を求めている方
・添加物や農薬が気になってきた方
・環境に配慮した生活用品が欲しい方

・スーパーの値段より少し高くても良い

生活クラブはサスティナブルの活動にも力を入れていて、牛乳ビンや調味料ビンの回収を行っていたり、再生原料を使用した品も多く取り扱っています。
環境問題が気になり始めた方にもおススメの生協です。
安全性を確保している分、スーパーで販売されている商品より少し高いものもあります。質の高さを優先したい方には最適です。

まとめ:「やばくない」生活クラブは安全性を追求した生協

生活クラブはやばい?怖い?生協利用者が調査した結果、誤解であることが分かりました。
食の安全性を追求した生協なので、情熱があるスタッフの方が多いのかもしれません。
食・環境問題へのこだわりがある方に最適かと思います。
資料請求して、おいしいプレゼントを受け取ってみてください。

↓↓下の記事では、生活クラブのメリット・デメリットや、他の生協との比較をしています。

コメント